中川唯可(アイリッシュダンス)

広島県出身。3歳より佐藤昌子氏のもとクラシックバレエを始める。15歳より林孝之氏のもとアイリッシュダンスを始め、その後アイルランドのダブリンへ単身渡愛し、Ronan McCormack氏、Anthony Murnane氏に師事。多数の大会で上位入賞し、2014年ロンドンで開催された世界選手権に出場。
現在は数少ないアジア人のアイリッシュダンサーとして、国内外問わず活動中。また、ダブリンに本部を構えるアイリッシュダンス協会、An Coimisiún Le Rincí Gaelacha(CLRG)の認定教師(TCRG)でもあり、ダンスの指導も行っている。
2020年ダブリンで開催される世界選手権のオープニングセレモニーへの出演が決まっている。

主な出演作に、舞台「パイレート・クイーン」(帝国劇場・梅田芸術劇場)、「Take The  Floor 2012」(Dublin公演)、「Murphy's Celtic Legacy」(Omagh公演)などがある。


2019 I Love Ireland Festival (ダンスは1''12より)

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る