【Live in KAKAMIGAHARA  】




【イベント概要】


岐阜市柳ケ瀬近くのレトロなビルにあるカフェ星時は美味しいコーヒーと自家製のケーキ、そして音楽や演劇、落語など''表現''を感じる場所として人気の空間です。

2月最後の土曜日はアイルランド音楽のコンサートを開催。
マーケット日和などでおなじみの小松大(フィドル)、大橋志麻(アイリッシュハープ)、
そして岐阜市在住の鈴木みなみ(フィドル)が初登場。

夜にぴったりの音楽をお届けします。

《開催・日時》

2021年2月27日(土)
18:30オープン/19:00スタート


《会場》
喫茶星時
岐阜市神田町3丁目3 加藤石原ビル2F

《参加費》
ミュージックチャージ 2,500円+要1ドリンクオーダー


※新型コロナ感染予防対策の記載をご覧の上、ご予約ください。


《出演者》
小松 大(こまつ だい) フィドル・ヴィオラ

2004年にアイルランド音楽に出会い、2006年、3ヶ月間にわたりアイルランド、クレア州に滞在しフィークル在住のフィドル奏者パット・オコナーより教えを受ける。以降渡愛を重ねる。アイルランド在住の望月えりかとともにブラックバードミュージックを設立、2012年には愛知県長久手市文化の家主催「Irish Days 2012 ~音楽のあるくらし~」をプロデュース、大きな反響を呼ぶ。同イベントにおいてパット・オコナー、アコーディオン奏者のオーイン・オサリヴァンと共演を果たす。13年3月に伊勢神宮にて奉納演奏を行う。同年7月アイルランド人ギタリスト、デイヴ・フリンと愛知、東京で共演。同年10月、関東、中部、関西のダンサーとミュージシャンが集まった「名古屋ケーリー」を企画。15年秋、CCE JAPAN主催ケーリーバンドコンペティションにおいて審査委員長個人賞を受賞。118年、代々木公園で開催された「I Love Ireland Festival」出演。これまでにPat O’Connor、Eoghan O’Sullivan、Dave Flynn、Cormac Begleyらと共演。日本を代表するフィドル奏者として全国各地で演奏活動を行っている。アイルランド音楽への深い理解に裏づけされたリズムとリフトが際立つその演奏スタイルは定評がある。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。

大橋志麻(アイリッシュハープ)

9歳よりクラッシックハープを習い始め、12歳の時に長屋梨沙氏に出会いアイリッシュハープを本格的に始める。その後アイルランド渡りJunshi Murakami氏、Grainne Hambly氏に個人レッスンを受けるほか、アイルランドのハープフェスティバルに複数参加。2018年より演奏活動を本格的に開始し、フルートの瀧澤晴美とデュオFionaを結成する。2019年9-10月に香嵐渓で開催された木曜グリーンマーケット公式アーティストをつとめる。


鈴木みなみ フィドル

3歳よりピアノ、11歳よりバイオリンを始める。
私立鶯谷高校音楽科 弦楽コース卒業。
名古屋音楽大学音楽学部 音楽総合コース弦楽専攻卒業。
2019年よりアイルランド音楽を学ぶ。



【チケットについて】
お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。

【入場・座席について】
開場は18:30となります。
座席はチケットの申し込み順ではなく、当日ご来場いただいた順でのご案内となります。



主催:株式会社Ode、星時
https://ode-inc.com
https://hoshidoki.com/